流行病の中でも開催! まちかど雛めぐり2021

果たして大丈夫なの?part1

前途多難!緊急事態宣言の中で雛めぐり!

思えば例の病がはやり始めたのがちょうど一年前のこの時期でした。
世界が大混乱、2月22日に開館したばかりの人形博物館がいきなり閉鎖。ちょうど雛めぐりが開催中だったのに、予定していたイベントがことごとく中止。
怒涛のような一年が過ぎて、2021年も同じ状況になるとは。
愛宕神社の大雛段飾りの中止から始まり、ひな市、制作体験イベント、芸術祭、ウォーキング、など代表的な雛めぐりイベントが軒並み中止。
ポスター、チラシ、公式サイトの内容がイベントの中止にあわせて変更につぐ変更。
でもそんな中、実行委員会の皆さん、商店街の皆さんはなんとか成功させようと頑張ってます。私みやびも頑張ってレポートしなきゃ!

流行病には負けないゾ! みんなの想い届け・流し雛~!

今日は2月28日。緊急事態宣言が出てからほぼ2か月近く経ちました。関西圏では解除されたところも多いようですが、ここ埼玉県はまだです。長い長い暗いトンネルを歩いてるみたい。

そして今日は毎年恒例の流し雛の日です。どうやら3月3日の前の日曜日に開かれることになっているようです。”子どもたちの無病息災を、ひな人形の原型とも伝わる「さん俵」に託して池に流す春の風物行事で、ひな祭りのルーツともいわれています”…とありますね。(岩槻人形協同組合公式サイトより抜粋)

今年は流行病の為朝10からオープニングを省いて行われますよ。それにしても晴れて良かった!

またあった。この看板。もう知ってるよ。みんなお行儀いいから守ってるもん。って思うけど、あえて立てなきゃいけない大人の事情があるんですよね。

会場に近づいていくとボートの上に黒い影が!!あれは誰!?

なんと!忍者さんではありませんか!?流し雛の水先案内人でしょうか(?)写真撮影に快く応じてくださりありがとうございました!

沢山の「さん俵」600円。願い事に「太田資正 誕生五百年祭成功しますように」って書いてあります。本日同行のお友達が参加してるプロジェクトみたいです。太田資正は岩槻城主。詳しくは太田資正 誕生五百年祭公式サイトをご覧下さいね。みやびはもちろん「流行病が収束しますように」って書きました。

今回の流し雛は緊急事態宣言の中オープニングが無かったため、なんとなく始まった感があり、まったりモードでした。そんなこんなでお客さん集まるのかな~?と若干不安でしたが、晴れて暖かかったため時間がたつにつれてだんだん賑わってきました。みやびはこのあと近所の桜茶屋さんへランチをする予定だったので移動をしましたが、流し雛イベントはこのあと午後2時まで開催されたので、トータルすると結構大勢のお客さんに来ていただけたのじゃないかなあと思います。

流し雛(さん俵)の数だけみんなの想いがあります。願いが叶いますように~!

四季の懐石 桜茶屋さんへ

城下町岩槻には老舗料亭がいくつかありますが、実は桜茶屋さんは初めての訪問。わくわくします。

岩槻城址公園に一番近い料亭です。まわりは住宅街なので、門をくぐるといきなり時代を遡ったような、タイムスリップしたような錯覚になります。お庭がすごく上品でうっとりしちゃいます(笑)

入り口では明治時代の京都御殿雛がお出迎え。古いので男雛と女雛の並びが反対です。

今年の雛めぐり特製ランチ「ぼんぼり膳」実はこの写真では写っていないですが、この他にちらし寿司、天ぷら、お吸い物などもありました。大変美味しかったです。

撮影を承諾してくださったばかりか、新築された素敵な離れも見せてくださいました!

各お部屋にはそれぞれ美術品が…!雪化粧の風景絵画です。迫力に圧倒されますね!

これは歌舞伎役者の中村勘三郎さん、七之助さん、勘九郎さんの肖像画ですね。

なんと壁にも水墨画でビックリ!これは直接壁に描いたものではないですが、インパクト大きいです。桜茶屋さんのセンスを感じさせますね。

引きで撮影するとこんな感じ。この他に大輪の牡丹の花もありました。

こんなところに着物が飾ってあります。んん??よく見ると絵柄が。

なんと!おとぎばなしが絵柄になってました!ウミガメに乗っているのは浦島太郎さん。

これは桃太郎さんがワンコにキビ団子をあげてるところですね。

お料理も素晴らしいですが、店内の装飾、とくに美術品があちらこちらに展示されていて格調高く観ていても楽しい料亭。みやびは時間を忘れて見とれてしまいました。
帰りに玄関ではまた年代物の貴重なお雛様がお見送り。「疫病退散」のあまびえちゃんもいましたよ。(個人的にあまびえちゃんって、誰が描いてもだれが作ってもすごく可愛い。みやびが鳥さん好きだから?だってあまびえちゃんって鳥さんですよね?嘴あるし。え?ちがう?)
桜茶屋さん、お忙しいところいきなりの取材に快く応じてくださり誠にありがとうございました。

春には桜、秋には紅葉と、季節ごとに美しいお庭。公式サイトでご確認くださいね。

火曜定休日(お出かけの前には念のため確認してくださいね)

048-758-2600

雛めぐりはまだまだ続きます。

岩槻漫遊記では、今後も岩槻のイベントやお店の紹介をしていく予定ですが、同時に取材を希望されるお店も募集中です。もし、このサイトで紹介して欲しいというご希望がありましたら、みやびが取材に参ります。ぜひともお問い合わせフォームからご連絡下さい。お待ちしております。